お役立ちの結婚ガイドブログです

結婚前に話しあっておきたいお金のポイント

これから始まる楽しい結婚生活ですが、一緒に生活する以上、お金は切っても切り離せません。
結婚後にお金でもめないために、事前に話しあっておいたほうがいいお金のポイントをご紹介します。
まず、把握しておいたほうがいいことは、パートナーの収入です。
結婚相手の収入額を知っていますか?結婚前はあくまで恋人同士、つまり他人だったので知らなくても問題がなかったと思いますが、これからは家族です。
収入額・貯金額はお互いにしっかり把握しておきましょう。
また、通帳や給料明細など、しっかり見せ合って話すのがベストです。
結婚して最初に高額を必要とするのが、結婚式、ハネムーン、新居への引越しです。
これは現在の貯金からどちらがどの程度出すのか話し合って決め、今後に使えるお金(残る貯金額)を把握しておきましょう。
また、結婚式をする場合はご祝儀が入ってくるので、ご祝儀の取り扱いをどうするのかというのも話し合って決めなければなりません。
それから、結婚後の家計について決めたほうがいいポイントは、結婚後の家計をどうするのかということです。
一般的には同じお財布・別々のお財布の2通りにわかれます。
同じお財布の場合は、妻か夫のどちらが管理していくのかを決めましょう。
別々のお財布の場合は、必要な項目(家賃・光熱費など)ごとにどちらが負担するのか、きちんと決めておきましょう。
また、将来に向けて話し合ったほうがいいことは、お金の話をするのに忘れがちですが、将来設計ついての話です。
結婚式など目先の出費ではなく、10年後にマイホームなど、将来的に多額の出費がある場合は今からコツコツ貯金が必要です。
そのためにも二人で将来について話し合い、貯金額の目標など決めておきましょう。
婚姻関係を結んだ後には現実的に生活費というものがかかってきます。
これからを共に過ごす大切な相手だからこそ、しっかり話をしておくように心がけましょう。